丸ナット自動ネジ立盤製造販売の浅野製作所

アサノ式自動ネジ立盤


ストレート短タップ仕様
 ASTS-50 仕様・スペック..Next

ストレート短タップ仕様ASTS-50型機の特長

         
1.

ストレート短タップ仕様 (PAT)

市販タップ(マシンタップ形状)がそのまま自動タッピング加工できる機構です。従来使用の長シャンクに 比べタップのよじれや歪みが無いので、高精度な台型ネジ、多条ネジ切りが可能となりました。
2.

ピッチ送り機構

ストレート短タップ仕様を高精度加工するためのタップ送り装置です。この装置により台形ネジ、 多条ネジにおけるネジむら、ネジくずれなどが解消されます。
3.

タップ通り抜け機構

タップはネジ切りの往復運動はしません。あくまでも一方向からの通り抜け機構ですので、タップは 逆転しません。
4.

エアハイドロチャック及びインバータ使用
(オプション)

チャック機構は、当社で開発した(PAT) のコレットチャック機構なので、主軸回転及びワーク保持圧力 は自由に変換できます。
5.

切削油機構

切削油はコレットチャックの内部より2~3kg/c㎡の圧力で吹き出し、切削粉はコレットの外部に 押し出されます。
6.

ワーク回転機構

ワークが回転してタップは回転しないので、タップはワークの下穴に従って高精度のネジ切りができます。
7.

高精度加工

タップの先にリーマーをつけて下穴を決めてからタップ加工できます。(リーマータップ使用)
8.

特殊形状ネジ

8-1.

横転装置 (PAT)

工作物の外径より全長が長い場合、工作物は縦になってシュートに入り、それを90°転回させ、 チャックに送り込みます。この方式で全長30mmまで可能です。
8-2.

同寸法 (PAT)

工作物の外径、全長が同じ場合にはホッパーよりシュートへの落とし口で縦に揃えて落とします。 そのためその後は横転装置により何の支障もありません。
         
 ASTS-50 仕様・スペック..Next