丸ナット自動ネジ立盤製造販売の浅野製作所

アサノ式自動ネジ立盤


アサノ式丸ナット自動ネジ立盤
 AST-10,15,30,50 仕様・スペック..Next

AST-10,15,30,50型機の特長

         
1.

遠心力利用チャック (PAT.No.836474)

特許を取得した遠心力チャックにより、タップを回転させずに工作物の回転に よりネジ切りを行います。タップは食いつきだけ自動的に押され、工作物の回転に 伴ってタップ自体が進むため歪みを生じず、高精度を実現します。
2.

シャッター装置 (PAT.No.86210)

工作物が極度に薄い( 1.5mm 以下 )場合は、押し棒で押すだけで、倒れたりねじ曲がりが発生します。工作物を押し棒の反対側で押して倒れを防ぐ装置:シャッター装置を設置します。これにより倒れやねじ曲がりが防げます。
3.

横転装置 (PAT.No.86208)

工作物の外径より全長が長い工作物は、縦に棒状にならべてシュートに入れ、それを90°回転させてチャックに送り込みます。
4.

同寸法の整列装置 (PAT.No.86208)

外径、全長が同じ工作物はホッパーよりシュートへの落し口で、縦状に揃えて落とします。従って、その後は横転装置により何の支障もありません。
5.

回転ホッパー

T状ナット等、通常のホッパーでは自動化出来ない場合に利用します。
6.

タップの取り替え

タップの取替えは別の工具を必要としません。タップ受けを後ろに倒すだけでタップは手で抜けます。
7.

多品種少量生産

一台の機械で簡単なセットを替えるだけで多品種の丸ナット、角ナットの 生産が可能です。また、樹脂系の素材のネジ切りも可能です。 (パーツフィーダー仕様を除きます)
              
 AST-10,15,30,50 仕様・スペック..Next